序盤の育成例

あくまで例の一つなので
方針やプレイスタイルで色々と変わってくるでしょう
これがベストであるというものではありません

■Fighter

序盤は切り込みも壁もこなすスーパーガイ
耐久のお陰で部位もそこそこ厚いため、サブ武器よりもメイン武器の回数を増やし
バックラーなどの盾をつけておくといいでしょう
装甲が2ほどになると相手のナイフが恐くなくなります。序盤の装甲型Figは非常に心強いです
速度も切り込みに不自由しないだけは上げておくとチーム戦で活躍できます
序盤はどの能力もほしいところなのでチューンは各自の方針で
射撃上げにはバルカン推奨。ショットの方が強いけどちょっと値段が高い
技術2になったらナイフとブロードソードを使い分けましょう。基本ブロソのが強いですが若干重めです
技術3になると装備選択肢は色々広がります
盾の強化も出来るためバランスのいい装備を心がけるといいです
育成も戦い方次第でどの能力も上げやすいので、たりない能力を重点的に上げていきましょう

■Warrior

カイザーナックル超安定。近接上げならばダガーやブロードソード
速度がとにかく足りず攻撃できないことも多いため、最終的に速度を絞るのでもなければ早々に速度3ぐらいをめざしてもOK
技術2になって、まだ速度が足りずに攻撃が通りにくい場合はピンスパイクが射程長くていい感じです
氣が装備できるのは技術3のため、それまで素格闘と盾を固めて防御に回るほうが効果的。格闘ならクリティカルが出ます
打撃技がメタルフィストの性能を上回るのは敵装甲70ぐらいが目安
ただし、打撃なら盾防壁も発動しないため、防具の多い相手ならそれ以下でも活躍
序盤はキャパ少な目でも戦えますが、打撃導入あたりで急に足りなくなるので注意が必要です
ハンドシールドは長く使うことになるのでさっさと2丁仕入れるのが吉
耐久の伸びが非常に良いため、装甲より耐久重視でMRKをあげるといいかもしれません
ずっと格闘上げ続けてもどうせ他の能力が被ダメで上がっちゃうから心配しなくて問題なしです
技術上げと、後半の精神上げが難しいため、終始技術と精神を上げることを意識することが大切です

■Gunner

技術ごとにリボルバー>ハンドガン>ライフル安定
威力重視なら序盤のショットはかなり強力
撤退しがちなのでサブ武器にリボルバー一本か二本持っておくといい感じです
移動力5を超えると、相手の切込みから逃げながらも、かろうじて攻撃できるため早めに移動力5.1以上を確保しておきましょう
クエストに勝つだけならば速度搭載出力だけ上げていれば問題ありませんが
反応稼ぎなどでワザと被弾しに行く場合、盾装備と有る程度耐久が必要なため耐久装甲にも少し振っておくのがいいでしょう
また、後衛としてはMagと比べ固い部類なので、安定度を高めるためにもある程度耐久は必要です
技術4でのダブルショットは心強い味方です
強い武器を使いたいがために技術が上がりすぎて反応精神が低くならないように注意です

■Mage

技術1だとMS魔術しか使えないため、是非早めに技術2にしてLM魔術導入を
MS魔術の方がキャパ効率はいいのだけれど、結構すぐ事故るため危険です
盾が装備できないため序盤はほとんど防具無しで戦うことになります
敵がターゲッティングしてくるLv5クエストまではそれでも問題ありませんが
意図せずして後衛同士の打ち合いなどに巻き込まれることがあるため注意しましょう。序盤Gunには打ち勝てません
キャパシティと出力が後々凄く必要になるため、この2つを高めに上げていきましょう
技術3で広域攻撃が使用可能に、ただし異様にキャパシティと出力を食うのでチューン具合と相談
技術4でウィンドセーバーとボルテックス、ヒートバーンなど様々な武器が開放されます
序盤はこの技術4を目安に育てていくのがいいでしょう
精神は比較的あがりやすいのですが、防具も装備できず反応が上げにくいので注意です

■Thief

近接格闘射撃とどんな武器でも使えるため序盤のうちに有る程度全部上げておくと後々ラクができます
耐久力が低いため武器を持つ腕が一発で飛びがち
右腕にナイフとダガー、左腕にもナイフとダガーなど武器4つ装備して
片腕飛んでも対応できるようにしておくと撤退に強くなって戦闘で安定します
技術3なら格闘のトンファーやスタングレネードあたりが良武器ですが基本的に火力は低めなので我慢の時です
技術4からはウィップ、バタフライナイフ、ダブルショットと急に連続系の火力の高い武器が増えます
フレイルなどはこの時点で早くもThi最大威力の単発武器と心強い味方
ただし、キャパシティが低いためさほど火力を出すことはできませんし
搭載を伸ばしすぎるとただでさえ薄い防御が更に薄くなるのでチューンは能力と相談です
連続武器があれば直感上げも楽になるため序盤は技術と反応を意識してあげていきましょう
特に反応はThiだとFigほど耐久がないため精神に偏りがちで上げづらく
Asnの転職条件にも関わるため積極的に上げることをおすすめします
PRK30ほどまで2極上げで、そこから必要能力を上げたとしても
最終的に特化と大して変わらないため、始めは右能力を広く上げるのがオススメ
連続武器が豊富なので、直感は有る程度あとで取り返せます

■Cleric

最終的に魔術がメイン武装となりますが、技術が低いうちは補助魔術が使えないため
技術上げをどんな能力を犠牲にしてでも最優先。出来れば精神も
近接Cleとか目指すのでなければ、初期振り技術1は詰む可能性を持っているのでオススメしません
まずは初期技術2でシングルフィクサーでフィジカルプロテクションで魔術稼ぎの必要あり
でも待機で装備してるとチームメンバーから嫌がられるかも(序盤は微妙なので)
速度が低く、終始攻撃が当たりません。武装も貧弱なため、育成は全クラス中最高難易度です
攻撃力を求めるなら序盤ではカイザーナックル、メタルフィストなどですが
武器に関してはCleは近接のが将来性があります
技術4にしてルーヴィスでホーリーレイを手に入れるまで頑張りましょう
ホーリーレイさえあれば、以降の調整はわりとラクになります
ずっと魔術上げ続けても他の能力が被ダメで上がっちゃうので魔術一辺倒でも安心
壁役に徹すると反応がもりもりあがっていくため、反応押さえに気をつけた育成がカギです
しかし反応が高いと復活の使用確率も上がるので最近の傾向だと悪くはなさげ?
低い火力をどうカバーするか腕が問われます

■Smith

どの能力がメインになるかによって有る程度育て方は変わってきます
序盤はほとんどどんな武器でも扱えるし、キャパシティも余るので攻撃武器と盾の両立が可能
キャパシティを生かすために、高位武器使えるように技術上げも良いですが
最終的に技術7以上のめぼしい武器もない為、最終的なことも考えると序盤に上げすぎも考え物です
改造師なら遠慮なく上げてしまってかまいません
武器種類も豊富でクラス的にどんな能力も上げられるため好き勝手上げてオーケーです
PRK20ほどまでまったりあげ、またはPRK30ほどまで2極上げでそこから必要能力を上げても
最終的に特化と大して変わらないから始めは右能力を広く上げるのがオススメ
強いて言えば精神がやや上げずらいため、序盤は精神を意識すると良いかもしれません
どの能力もそれなりに伸びるものの、平均的だとハンパになりがちなので
ある程度方針を決めてチューンすることをおすすめします

  • 最終更新:2012-08-30 04:34:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード